tkhshrsのログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PDAからPCの地図ソフトにGPSデータを流し込む(その6)

バックナンバー:その1 その2 その3 その4 その5

動作確認

ものは全て揃ったので、あとは動作確認だけです。
PCでHW Virtual Serial Portを実行し、PCとPDAをIPネットワークで繋ぎPDAでCom2Ipを動かします。地図ソフトのGPSナビゲーション機能を起動する前に、まずはPCのターミナルソフトで受信内容を確認しておきましょう。
自分はTeraTermを使って確認します。Windows付属のハイパーターミナルでもOKです。

TeraTerm2.jpg

COM2ポートを開いて、こんな感じでNMEA sentenceが表示されれば大丈夫でしょう。

Kashimir2.jpgカシミール3D

その3で説明したやり方で、GPSナビゲーションを開始します。ガイドのサブ画面で右の図のように「測位中」と出てきたらうまくいっている証拠です。地図上には現在位置を示す、▲印が表示されているはずです。

SMD2.jpgSuper Mapple Digital Ver.6

ツール→GPSナビゲーション開始 を指定して、GPSナビゲーションを開始します。
こちらは右図のようなサブウインドウが開き衛星捕捉状況が分かります。赤点がそれなりに散らばっている感じの図であればたぶんうまくいっています。地図上の現在地は楔形のマークで表現されているはずです。

(完)
スポンサーサイト

PDAからPCの地図ソフトにGPSデータを流し込む(その5)

バックナンバー:その1 その2 その3 その4

PDAの設定

GPSデバイスが繋がっているCOMポートからデータを読み取り、それをIPネットワークを通してPCへ送り込むソフトウェアが必要です。
シンプルな機能のソフト。簡単に作れそうだったので、今回は自作してみました。
探せばもっとよさげなソフトが見つかるかもしれません。

Com2Ip


PDAへロードして、普通にインストールしてください。.NET Compact Framework 2.0も、入ってなかったらインストールしてください。
起動するとこんな感じです。



COM PortBaudRateには、GPSデバイスが接続されているハードウェアポートとボーレートを設定します。(設定→システムタブ→GPS→ハードウェアタブ でお使いのPDAの設定値を確認してください)
Peer NameにはPC側のIPアドレス、または(DNSで解決可能な)装置名を設定します。Peer Portには、PCのIP→仮想COMポートリダイレクタで設定した"Server Port"と同値を設定します。

Startを押すと、GPSポートを開いてIP側へのリダイレクトをさっそく開始します。



上は私のP350での実行中画面です。
Peer Name :herod、というのは、私の母艦PCのコンピュータ名称です。ActiveSyncが動いている場合は、DNSで引いてちゃんと解決してくれまです。
うまくいっていれば、ログ画面の最後にconnectedと出て、その下の転送バイト数がどんどんカウントされていくはずです。

(まだ続く)

PDAからPCの地図ソフトにGPSデータを流し込む(その4)

バックナンバー:その1 その2 その3

IPネットワークの設定

USB、Bluetooth、無線LAN、PHS、etc.
なんでも良いです。母艦PCとPDAとのIPによる通信手段を用意します。
手っ取り早いのはUSBですね。

USB接続の場合

PCとPDAをUSBケーブルで接続します。
設定完了。

いちおう、ネットワーク接続が生成されていることをPCで確認しておきましょう。
コマンドプロンプトを立ち上げて、「ipconfig /all」コマンドを実行します。
以下の様な内容が表示に含まれるはずです。

Ethernet adapter ローカル エリア接続 7:
  Connection-specific DNS Suffix . :
  Description . . . . . . . . . . . : Windows Mobile-based Device #5
  Physical Address. . . . . . . . . : XX-XX-XX-XX-XX-XX
  Dhcp Enabled. . . . . . . . . . . : Yes
  Autoconfiguration Enabled . . . . : Yes
  IP Address. . . . . . . . . . . . : 169.254.2.2
  Subnet Mask . . . . . . . . . . . : 255.255.255.0
  Default Gateway . . . . . . . . . :
  DHCP Server . . . . . . . . . . . : 169.254.2.1

IP Address 169.254.2.2はAPIPAといって、USB接続したときに自動的に割り当てられたアドレスです。このアドレスに対してPDAからTCPセッションを張ることになります。
ActiveSyncは、動かさなくてもOKです。

(続く)

PDAからPCの地図ソフトにGPSデータを流し込む(その3)

バックナンバー:その1 その2

PCの設定:地図ソフト

カシミール3Dの設定

通信→GPSナビゲーションの開始...→GARMIN GPS(232C/USB) を指定します。
Kashimir1.jpg

RS-232C(COM)接続をチェックし、通信ポートにはその2の編で設定した仮想COMポートを指定します。また、設定を指定し、ビット/秒を9600にしておくと安定する様です。その他の設定はお好みで。
開始を押すとGPSデータの受信待機状態になります。

Super Mapple Digital Ver.6の設定

ファイル→設定→GPSレシーバ
SMD1.jpg

機種にはNMEA WGS-84出力タイプ接続ポートその2の編で設定した仮想COMポートを指定します。OKボタン押下。
ツール→GPSナビゲーション開始 で、GPSデータの受信待機状態になります。

(続く)

PDAからPCの地図ソフトにGPSデータを流し込む(その2)

PCの設定:IP→仮想COMポートリダイレクタ

IPとCOMポートの相互変換ソフトは、探すと結構あるもので、シリアルポートにつないだ機器をリモートで操作、みたいな感じの用途で主にその業者さんが提供しているようです。
ただ今回の要件である、①IP側がパッシブで動く ②仮想COMポートを作ってくれる ③ロハである(いちばん重要)、これをすべて満たすソフトとなると、かなり絞られます。

 TCP-VSP
 HW Virtual Serial Port

TCP-VSPはアルファプロジェクトさんが提供しているソフトです。
和製。シンプルで使い良いのですが、残念ながら「評価版」で30分限定動作になります。(税込 \8,190で購入可能です)

一方のHW Virtual Serial Portはフリーウェア。チェコのメーカーさんが公開して下さっています。今回はこれを使いました。

HW Virtual Serial Portの設定

① Settingsタブ
 HW VSP works as the TCP Server onlyだけをチェック。
VSP-1.jpg

② Virtual Serial Portタブ
 IP Addressに適当なアドレス
 PortおよびServer Portに受け付けるTCPポート番号(今回は12345)
 Port Nameにリダイレクトする仮想COMポート名
VSP-2.jpg


実行

Virtual Serial PortタブでCreate COMボタンを押下。

テスト

ターミナルソフトTeraTermで接続試験をします。
2画面開きます。

 ① シリアル COM2ポート
 ② TCP/IP ホスト:127.0.0.1 サービス:その他 TCPポート:12345

②の方の画面から適当な文字をキーボードで打ち込んで、①の画面にそれが出力されれば成功です。
TeraTerm.jpg


(続く)

PDAからPCの地図ソフトにGPSデータを流し込む(その1)

Mio P350についていた地図ソフトSuper Mapple Digitalには、GPS連動機能があって、ナビゲーション的な使い方ができるのです。
ちょっと試してみたくて、下の様なシステムを組みました。
chart.jpg

新しくGPSレシーバを買う余裕が無いので、手持ちのGPS付きPDAでそれを代用しようという魂胆です。

用意したもの

1. PC
 1.1 マシン - WindowsXPがインストールされたもの
 1.2 地図ソフト - COMポートからのGPS入力をサポートしているもの
   Super Mapple Digital、カシミール3D
 1.3 IP→仮想COMポートリダイレクタ - IP側がパッシブモードで動くもの
   TCP-VSPHW Virtual Serial Port

2. PDA
 2.1 端末 - Mio P350、iPAQ rx5965
 2.2 COMポート→IPリダイレクタ - 自作

3. IPネットワーク
 3.1 通信媒体 - 無線LAN、USB、BlueTooth
 3.2 網 - プライベート網、The Internet

(続く)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。