tkhshrsのログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MimicGpsが週刊アスキーに掲載されました

週刊アスキー 11/27号

「綴じ込みスペシャル付録
 最強のモバイル環境を手に入れる!
 スマートフォン超活用テクニック」


で、ちょこっとだけ紹介されています。
スポンサーサイト

MimicGps Build 2007.09.08

・Willcom基地局番号(CSID)の変更に伴い、計算版のW-SIM測位がうまくいかなくなっていた問題の対応。

MimicGpsのホームページ


アップデートの際には、基地局データベースファイル(csdb_07080602.zip)も、必ず同時に更新してください。

MimicGps 計算版のW-SIM測位はしばらく使わない方が良いかも

自分、縄張りが横浜・川崎周辺なんですけど、本日の通勤でMimicGpsの計算版測位を使ったら、うまいこと測位ができず、リトライを繰り返す妙な現象に出くわしました。
どうも、Willcom基地局の番号(CSID)が大規模に変更されているらしく、CSID→経度・緯度の変換に失敗しているのが原因のようです。
2chに、都内でもCSID改変が発生しているという情報もありますので、ひょっとしたら全国規模かもしれません。
ここしばらくは計算版測位は使わない方が賢明かも。。。 → 9/8 対策版をリリースしました。

MimicGps + GpsPanelで監視できる項目

×:まったくダメ、△:場合による、○:いける

現在速度 ×(常に0km)
最高速度 ×
平均速度 △
移動平均速度 ×
加速度 ×
垂直速度 ×
現在高度 ×(常に0m)
最高高度 ×
最低高度 ×
現在時刻 ○
積算時間 ○
移動時間 ×
停止時間 ×
年月日 ○
日出時刻 ○
日入時刻 ○
予想到着時刻 △
コンパス ×(常に北)
目的地の方向 △(North Head固定)
目的地の名前 ○
目的地の経度 ○
目的地の緯度 ○
現在地の経度 ○
現在地の緯度 ○
移動積算距離 ×
移動直線距離 △
目的地までの直線距離 △
進捗度合 △
PDOP/HDOP/VDOP ×(常に1.0)
位置精度 ×
電池残量 ○
衛星数 ×(常に4)

コンパスとか速度とか標高とか、おいしいところが軒並みダメなんで、眺めててつまらないです。

MimicGps Build 2007.08.21

バグ修正です。
・基地局データベースを指定していない状態で終了すると、プログラムがエラー終了する不具合の修正

MimicGpsのホームページ

前バージョン以降、WM5.0機(W-ZERO3, W-ZERO3[es])では、Microsoft SQL Server Compact Editionのインストールが必要となりました。
上記リンクの『セッティング』を参考にインストールしてください。

MimicGps 新しい位置算出方式のセットアップ

1. 最新版のMimicGpsをインストール (MimicGpsの「セッティング]参照)
2. 基地局データベースのインストール (MimicGpsの「セッティング]参照)
3. Microsoft SQL Server Compact Editionのインストール(MimicGpsの「セッティング]参照)
 →WM5.0機のみ必要です。(8/21追加)
4. MimicGpsを起動して、[メニュー]→[設定]→[基地局DB...]で、2でインストールしたファイルを指定
5. MimicGpsの[メニュー]→[設定]→[使用デバイス]で、[W-SIM(計算)]を指定
6. 測位開始

MimicGps Build 2007.08.18

・複数の基地局を観測して、簡易的な計算により現在位置を算出する方式の採用(都市部でちょっとだけ精度が高くなります)
・現在地付近検索機能のバグ修正

MimicGpsのホームページ

MimicGps + kmlファイルでお気に入りの共有

Google Map(web版)のマイマップで作成した、お気に入りスポットを、携帯デバイスで共有するソリューションの紹介です。

1. ご自宅のPCでもってマイマップを編集する
スタパ齋藤さんの記事あたりを参考にするとよいでしょう。
Googleアカウントでのログインが必要です。

2. KMLファイルの出力
マップ右上方面にある「KML」リンク(下の図の赤矢印)をポチると、ファイルオープンダイアログが表示されるので、適当な名前(拡張子はkmlのまま)でセーブ。

mymap.jpg

3. kmlファイルをMimicGpsをインストールしている携帯デバイスに持っていく
\My Documents\などに置きます。

4. MimicGpsでkmlファイルを開く
メニュー→ファイル→開く
で、kmlファイルを指定すると、下の図の様に表示されます。(この際、ネットワーク接続が必要になります。)

openkml.jpg

以降は、場所を「選択」して、お好みのGPS対応地図ソフトで表示させてください。

このkmlファイルには、マイマップへのリンクが保存されているだけなので、マイマップを後から編集しても、その変更は携帯デバイス側でもちゃんと反映されます。

MimicGps Build 2007.08.11

・測位間隔:15秒が指定できない不具合を修正した。
・Google Map(web版)のマイマップで作成したkmlファイルもインポート可能とした。

MimicGpsのホームページ

MimicGps Build 2007.08.04

・Google Earthファイル(*.kml, *.kmz)のインポート

MimicGpsのホームページ

MimicGps + PMDで現在地周辺検索

現在地周辺の検索機能を使って、現在地(横浜駅)付近のホテルを検索してみた。

MimicGpsの設定
・使用デバイス:W-SIM
・自動的に隠す
・「現在地の付近」をチェック

Pocket Mapple Digital Ver.8の設定
・地図→GPS位置取得(または串だんごの様なアイコンをタップ)
 機種:NMEA WGS-84タイプ
 接続ポート:自動設定
20070729_003.jpg
検索キーワードとして「ホテル」を指定して、検索→狭:500mを選択。
検索結果は3件。ホテルベイシェラトンを選択すると、PMDは期待通りの表示をしてくれました。


MimicGps Build 2007.07.28

・現在地周辺の検索機能追加
・メニューの整理
・他、もろもろ

MimicGpsのホームページ
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。