tkhshrsのログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PDAからPCの地図ソフトにGPSデータを流し込む(その5)

バックナンバー:その1 その2 その3 その4

PDAの設定

GPSデバイスが繋がっているCOMポートからデータを読み取り、それをIPネットワークを通してPCへ送り込むソフトウェアが必要です。
シンプルな機能のソフト。簡単に作れそうだったので、今回は自作してみました。
探せばもっとよさげなソフトが見つかるかもしれません。

Com2Ip


PDAへロードして、普通にインストールしてください。.NET Compact Framework 2.0も、入ってなかったらインストールしてください。
起動するとこんな感じです。



COM PortBaudRateには、GPSデバイスが接続されているハードウェアポートとボーレートを設定します。(設定→システムタブ→GPS→ハードウェアタブ でお使いのPDAの設定値を確認してください)
Peer NameにはPC側のIPアドレス、または(DNSで解決可能な)装置名を設定します。Peer Portには、PCのIP→仮想COMポートリダイレクタで設定した"Server Port"と同値を設定します。

Startを押すと、GPSポートを開いてIP側へのリダイレクトをさっそく開始します。



上は私のP350での実行中画面です。
Peer Name :herod、というのは、私の母艦PCのコンピュータ名称です。ActiveSyncが動いている場合は、DNSで引いてちゃんと解決してくれまです。
うまくいっていれば、ログ画面の最後にconnectedと出て、その下の転送バイト数がどんどんカウントされていくはずです。

(まだ続く)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tkhshrs.blog80.fc2.com/tb.php/34-bd161f3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。