tkhshrsのログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏休みの自由研究2

位置情報の精度UPに関する研究。
まずは、電界強度と距離の関係を調べました。

1.データの収集
・Ad/esで、30秒置きにAT@K10の結果(CSログ)をファイルへ収集。(自作ソフト使用)
・iPAQ rx5965で、GPSログを3秒置きに収集。(GPX Logger使用)
・収集場所は神奈川県郊外。基地局の密度はかなり疎な地域です。
・頻繁に移動。徒歩、自転車、バイク。遊びついで、です。
・暑かった。
2.データ加工(自作ソフト使用)
こちらのサイトで公開している全国の基地局を集めたpotファイルのデータを使用して、CSログに含まれるCSIDを座標に変換。(ここで測地系もWGS84へ変換)
・同じ時刻に収集したGPSログの座標を現在位置として、上で座標を得た基地局との間の距離を計算。(ヒュベニの距離計算式を使用)
・距離,電界強度を行としたcsvファイルを作成。
3.解析(Oooの表計算ソフト使用)
・2で作成したcsvファイルをOoo Calcに読み込ませる。
・グラフ作成で「散布図」を選択。回帰曲線として「指数」を選択。
 その結果できたグラフが下の図です。

cs_chart.jpg
[つづく]
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tkhshrs.blog80.fc2.com/tb.php/53-28b6ee4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。