tkhshrsのログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏休みの自由研究5

前回示した確率的手法はGPSのやり方に近いもので、これが最善の方法の様な気がしますが、如何せん、これは計算が難しい。というか、俺のあたまでは解けん。(爆
まあ、解けたとしても、CPUリソースをたくさん消費するような計算になりそうなので、現実解じゃ無いような気がします。

なわけで、別のやつを考えました。
単純です、観測した複数の基地局の座標を平均化するというやり方。もちろん電界強度に応じてそれぞれの重みを変えてあげる必要があります。
これは、下記前提の上で有効です。
・PHS基地局は東西南北一定の幅をもって等間隔で配置されている。
・出力は全基地局とも、360°の範囲で一定。
・減衰要因は距離だけ。
ムシが良すぎる前提です。測定結果を否定してますし。
が、基地局の配置密度が大きい場所ではそれなりにハマるんじゃないかと想像します。

[つづく]
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tkhshrs.blog80.fc2.com/tb.php/58-ece6ec4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。