tkhshrsのログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏休みの自由研究6

その場所から観測できる複数基地局の座標の平均化することで、現在位置の精度を向上できるんじゃないかという前回記事のつづき。
ちょっと、シュミレーションしてみようということで、横浜駅付近を歩いて収集した基地局データをもとに、GPSデータと比較して一番距離差が少ないパターンを探しました。

重み付けの係数は、この図の回帰曲線を参考にして、とりあえず下記としました。
 1/(80-s)2 s:電界強度

まず、今までのやりかた、つまり一つの基地局座標を求めてそれを現在地とする方法の場合、平均距離差は142.9mと求まりました。
では、計算に用いる基地局数を増やしてみます。
下図(クリックで拡大)のとおり、3個、5個と増やしていくとだんだん距離差が小さくなっていくのがわかります。(お
sim1.jpg
基地局数:9の場合に平均距離差が72.6mと最小となりました。どうやら基地局数を増やすと結果が良いようです。

[つづく]
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tkhshrs.blog80.fc2.com/tb.php/59-906c0e84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。